Windows 7 の比較

Windows 7 Home Premium

Windows 7 Home Premium

Windows 7 Home Premium は、作成や、お気に入りの写真やビデオ、音楽全てを簡単に共有することができます。 また、デジタルTV 番組の再生、停止、巻き戻し、録画もできます。 Windows 7 Home Premium では、あなたの PC 上でエンターテイメントを楽しむ最適な環境を手に入れることができます。

Windows 7 Professional

windows 7 professional

PC を仕事で使用する場合は、Windows 7 Professional をお勧めします。 仕事の生産性が向上し、作業で必要になる重要な情報が保護されます。 多くのルーチン タスクを数回のクリックで処理できるので、プロジェクター、プリンター、ネットワークなどを短時間でセットアップできます。 強化されたバックアップ オプションによって、ホーム ネットワークやビジネス ネットワークに対する自動的なバックアップで、重要な作業が保護されます。 また、Windows XP モードを使用すると、Windows 7 で大部分の Windows XP プログラムを実行することができます。

Windows 7 Ultimate

windows 7 ultimate

Windows 7 Ultimate は、Windows 7 の全ての用途に対応した強力な最上位エディションです。Windows XP モードで多くの Windows XP ビジネス プログラムを実行する機能など、使いやすい Home Premium のエンターテイメント機能と Professional のビジネス機能が組み合わされています。安全性を強化するために、BitLocker ドライブ暗号化や BitLocker To Go を使用してデータを暗号化することができます。さらにいつでも簡単に 35 言語のどの言語でも作業が行えます。Windows 7 Ultimate により、最新 Windows の全機能を手に入れることができます。

Windows 7 Ultimate 英語32/64BITの日本語化

UI オートメーション クライアントは他のプロセスと通信する必要があり、Windows 7 Ultimate プロダクトキーの一部は高い特権レベルで実行されている

UI オートメーション クライアントは他のプロセスと通信する必要があり、Windows 7 Ultimate プロダクトキーの一部は高い特権レベルで実行されている可能性があります。 また、クライアントでは、通常は他のプロセスに表示されないシステム ダイアログ ボックスにアクセスすることが必要になる場合があります。 したがって、UI オートメーションクライアントはシステムによって信頼され、特別な特権で実行される必要があります。 ウィルス対策スキャナや Windows Update など、インストールの監視プロセスに影響を与えるおそれのあるシーケンス コンピュータ上のものはすべて無効にしてください。シーケンス処理のプロセスの間は、安定したプラットフォームにしておくことが重要です。この手順には、重大なセキュリティ リスクを伴う恐れがあります。シーケンスされたアプリケーション パッケージと同様にコンピュータとネットワークを保護するための正しい事前措置が講じられているか確認してください。アプリケーション パッケージをシーケンス処理する前に、ウィルス スキャンを行うことをお勧めします。
Windows XP モードは、管理されたエンタープライズ環境では推奨されないため、この図には含まれていません。管理環境のデスクトップ仮想化ソリューションとしては、MED-V を使用することをお勧めします。この 2 つのデスクトップ仮想化ソリューションについては、後ほど詳しく説明します。非常に規模の小さい組織では、インベントリを手動で作成することを選択できます。小規模の組織で IT インフラストラクチャを管理するとき、場合によっては、各コンピューターについてアプリケーションの一覧を示したスプレッドシートを作成するのが最も簡単な方法になります。一覧を収集するには、各コンピューターにログオンし、スタート メニューを参照してアプリケーションを記録していくか、または各ユーザーが一覧を提供することのできる場所についての調査を実施します。これらの方法の正確性は、ユーザーごとにインストールされているログオン時には表示されないアプリケーションの存在や、調査に対するユーザーからの回答の完全性に影響を受けます。
Windows 7 Ultimate 販売を使用して、ACT ログ ファイルを処理したり、互換性エバリュエーターからの任意の通信を処理したりします。ACT ログ処理サービスを開始するには、ローカル システム アカウントまたはユーザー アカウントのどちらかが必要です。ユーザー アカウントを使用している場合は、<ドメイン>\<ユーザー> に “サービスとしてログオン″ のログオン権限があることが必要です。この権限がない場合は、このアカウントで ACT ログ処理サービスを開始したり、ACT 構成ウィザードを実行したりできません。新しいデフォルト ゲートウェイは、停止ゲートウェイ検出が一覧の次のものに切り替わるまで (デフォルト ゲートウェイの一覧を繰り返します) または、コンピュータが再起動するまで、既定のルート トラフィックのプライマリ ゲートウェイのままとなります。このため、Windows Server 2003 および Windows XP の TC/IP の停止ゲートウェイ検出は、フェールオーバー機能を提供しますが、フェールバック機能は提供しません。

各コンピュータに配布するWindows 7 Ultimate 販売は、Compatibility Administrator で作成する

各コンピュータに配布する .Windows 7 Ultimate 販売は、Compatibility Administrator で作成します。配布を行う場合は、サーバー上の共有フォルダ (読み取り専用) に .SDB ファイルを格納し、 割り当てるログオン スクリプトに Sdbinst.exe を使用します。Inventory Collector は、すべての DCP に自動的に含まれます。パッケージを環境に展開すると、Inventory Collector が実行され、アプリケーションおよびシステム データのインベントリが収集されます。収集したデータは、指定された時間に Application Compatibility Toolkit Data Collector (ACT-DC) から ACT データベースにアップロードされます。CT-DC により起動され、ユーザーが DCP の設定を使用して構成するコマンド ライン プログラム。エバリュエーターは、すぐに実行され終了する場合や、ユーザーが構成した期間、システム アクティビティを継続して監視する場合があります。ACT のセットアップ時に発生する問題や、User Account Control Compatibility Evaluator (UACCE)、Windows Compatibility Evaluator (WCE)、および Update Compatibility Evaluator (UCE) を実行に伴う問題の解決を支援するトピックが含まれます。
ほとんどのアプリケーションでシーケンス処理を複数回行います。これを容易にするために、仮想環境で動作中のコンピューターでシーケンス処理を行うことを考慮する必要があります。そうすることによって、アプリケーションをシーケンスしてクリーンな状態に戻すことができ、Sequencer を実行しているコンピューターの再構成は僅かで済みます。ACT の構成、データ収集、データ分析、互換性の問題のテストおよび軽減など、ACT の使用に関する詳細な情報と手順について説明します。また、上位 3 つの ACT のシナリオに関する詳細なガイダンスを提供するチュートリアルのトピックも含まれます。これらのシナリオでは、提供される開発ツールを使用して、新しいオペレーティング システムの展開、Windows の更新プログラムの適用、問題のテストおよび対策を行う方法を説明します。管理されたエンタープライズ環境では推奨されないため、この図には含まれていません。管理環境のデスクトップ仮想化ソリューションとしては、MED- V を使用することをお勧めします。この 2 つのデスクトップ仮想化ソリューションについては、後ほど詳しく説明します。アプリケーションのインストールを完了するには、インストール処理の一部ではない複数の手動の操作が必要な場合がよくあります。これらの手順には、データ ベースへの接続の構成または更新ファイルのコピーを含む場合があります。

Windows 7 Ultimate プロダクトキーを使用して、Inventory Collector をパッケージ化し、組織のクライアント コンピューターにインストールおよび展開して、アプリケーションのインベントリを収集できます。Inventory Collector がインストールされると、ACT-DC によって Inventory Collector の実行スケジュールが設定され、証拠ファイル、インジケーター、アプリケーション、システム プロパティなどの情報が収集されます。収集した情報が ACT-DC から ACT データベースに送信されます。Inventory Collector では、収集された証拠ファイルに基づいて各クライアント コンピューターにインストールするアプリケーションを決定し、アプリケーションのプロパティに基づいて新しいオペレーティング システムに関して発生する可能性がある互換性の問題を検出します。これらの構成をインストール フェーズで行ってから、アプリケーションを実行して機能することを確認する必要があります。このような聞き取りは、各ロールにおけるアプリケーションの重要性を特定するためにも重要です。手動によるインベントリの作成は容易な作業ではない場合が あります。また、漏れや間違いが生じる危険性が高い作業でもあります。Application Compatibility Toolkit (ACT) によって Microsoft から無料で入手できる非常に効果的な自動インベントリ ツールの使用を検討している場合は、このプロセスを自動化することをお勧めします。

Windows 7 Ultimate プロダクトキーを実行したユーザーのアクセス許可とは異なる一連のアクセス許可を保持できる

Windows 7 Ultimate プロダクトキーを実行したユーザーのアクセス許可とは異なる一連のアクセス許可を保持できます。 自動的にホストされるアプリの場合、SharePoint が自動的にアプリを Windows Azure Web サイト と SQL Azure に展開し、これらのアプリはクラウド内で実行されます。プロバイダーにホストされるアプリの場合、ユーザーまたは IT 担当者がアプリを専用サーバーまたはサード パーティのホスティング サービスにホストします。これらのアプリは、アプリをどのようにホストするかに応じて、クラウド内のお客様のサーバー上で実行されます。接続が開始されている場合、SO_RCVBUF Windows Sockets オプションを使用することにより、アプリケーションは最大の受信ウィンドウのサイズを指定することができます。ウィンドウ スケーリングについて、アプリケーションは 65,535 バイトより大きいウィンドウのサイズを指定する必要があります。
Food with Friends では、スナップされたビューでのアプリ バーの見え方を適切に処理しながらも、関連性のあるコマンドはすべて網羅している例を確認できます。ここではボタンを 5 個に減らしてすべてのボタンを 1 行で表示できるよう、リスト表示とマップ表示の切り替えボタンを 1 つのメニューにまとめています。ファイル名、ファイルの種類、ユーザーが保存しようとしている場所が有効であることを確認します。有効でない場合、エラーを表示し、ユーザーが問題を修正できるようにします。メイン アプリと同じスタイル、特徴を持つエラーを表示してください 。他の ASP.NET Web アプリケーションと同じように Web アプリケーションを開発します。マークアップを Default.aspx ページに追加し、必要に応じて分離コードの追加、JavaScript の追加、およびその他のファイルの追加を行います。
Windows 7 Ultimate 販売には、アプリの StartPage 要素の中、その他の場所、またはコンポーネントの中で、アプリが実行されるまではわからない情報を表すために使用できるさまざまなトークンが用意されています。これらのトークンは SharePoint 2013 インフラストラクチャによって解決されます。一部は URL の先頭で使用され、一部は URL の中でクエリ パラメーターの値などとして使用できます。これらのトークンと、それ以外の多様なトークンは、SharePoint 2013 のさまざまな開発コンテキストでも使用できます。すべてのトークンとそれらを使用できる場所の詳細については、要求できる権限セットは、範囲ごとに異なります。このセクションでは、各範囲で使用できる権限セットについて説明します。また、Office ストア アプリの制約について、特に説明します。プロバイダーによってホストされる SharePoint 用アプリは、 Windows Azure、または Microsoft 以外のプラットフォームを含む任意のリモート Web プラットフォームでホストできます。このタイプのアプリは、SharePoint クライアント オブジェクト モデルの 1 つ、またはその REST/OData ベースの Web サービスを使用して、SharePoint 2013 とやり取りします。シナリオによっては、OAuth 標準の SharePoint 2013 実装、または JavaScript クロスドメイン ライブラリを使用して、SharePoint データに対する承認を受けます。

作業ウィンドウおよびコンテンツ アプリの場合は、Windows 7 Ultimate プロダクトキーによってドキュメントの読み取る

作業ウィンドウおよびコンテンツ アプリの場合は、Windows 7 Ultimate プロダクトキー によってドキュメントの読み取りと書き込みや、重要なアプリケーションおよびユーザー イベント (アクティブな選択内容の変更など) の処理がアプリで可能になります。、ファイル オープン ピッカー コントラクトをアプリに組み込むことができます。アプリにコントラクトを組み込んだ後、次のステップとして、ユーザーが選択可能なファイルが表示されるようにアプリを設定します。ファイル オープン ピッカー コントラクトをマニフェストに追加したら、組み込みの Visual Studio テンプレートを使って選択ビューを構築することができます。または、既にメイン アプリ内にビューを構築している場合、そのビューを選択ビューの基盤として使うことができます。次の図に示すように、SkyDrive ではメイン アプリの既存のビューが再利用されているため、開発時間の節約になり、メイン アプリ ビューとの一貫性も保つことができました。
たとえば Food with Friends のハブ ページのアプリ バーを作成する場合、初期状態で必要となるコマンドは今晩の新しいプランを作成する機能だけなので、アプリ バーに追加するのはこの機能のみとなります。自動的にホストされるアプリの場合、SharePoint が自動的にアプリを Windows Azure Web サイト と SQL Azure に展開し、これらのアプリはクラウド内で実行されます。プロバイダーにホストされるアプリの場合、ユーザーまたは IT 担当者がアプリを専用サーバーまたはサード パーティのホスティング サービスにホストします。これらのアプリは、アプリをどのようにホストするかに応じて、クラウド内のお客様のサーバー上で実行されます。
Windows 7 Ultimate 販売 1 日を通して多くのネットワークに遭遇しますが、それぞれのネットワークには、固有の要件と制限が存在します。ネットワーク接続の利用の可否、整合性、通信料の変化に関係なく、Windows ストア アプリは高いユーザー エクスペリエンスを保つ必要があります。Windows Vista および Windows Server 2008 は、RFC 3810 で指定されている Multicast Listener Discovery version 2 (MLDv2) をサポートします。これにより、IPv6 ホストがそのローカル マルチキャスト ルータでソースに特定なマルチキャスト トラフィックにおける興味を登録することができます。Windows Vista または Windows Server 2008 で実行されているホストは、特定のソース アドレス (インクルード一覧) のみから、または特定のソース アドレス (除外一覧) から IPv6 マルチキャスト トラフィックを受け取ることへの興味を登録することができます。アプリにこのコントラクトが実装されている場合、ファイル ピッカーのオープン モードでアプリを起動して表示することができます。アプリが対応するファイルの種類をユーザーが選択すると必ず、ファイル ピッカー メニュー内にアプリのエントリ ポイントが表示されます。

Windows 7 Ultimate 販売に追加する機能のことよりも、どのようなユーザー エクスペリエンスを提供する

Windows 7 Ultimate 販売に追加する機能のことよりも、どのようなユーザー エクスペリエンスを提供するかについて考えてください。Windows ストア アプリを設計する際に最も重要なのは、アプリの特徴を決定することです。たとえば、写真アプリを作るとします。まず、ユーザーが写真を操作、保存、共有する動機を考えてみます。それは、写真で思い出をたどったり、写真を通じて他の人々と交流したり、写真を安全に保管したりすることであるとわかります。このような用途に適した写真アプリを作ることにします。このユーザー エクスペリエンスの目標を意識しながら、アプリの設計プロセスを進めていきましょう。Office 用アプリを作成するには、ファイルをテキストとして保存できるアプリケーションを使用できます。ただし、プロジェクト テンプレート、開発環境、およびデバッグ ツールを使用すれば、”Napa” Office 365 開発ツールの Web ベースの開発環境または Visual Studio 2012 でより簡単に Office 用アプリを作成できます。
旅行アプリを例に考えてみましょう。旅行計画をグループ化する方法はいくつかあります。アプリの主な目的が興味深い目的地を見つけることであれば、冒険旅行、リゾート旅行、ロマンチックな休暇旅行など、興味の対象ごとにグループ化できます。しかし、このアプリの主な目的は友人と協力して旅行計画を立てることなので、家族、友人、同僚など、ソーシャル グループごとに旅行計画を整理する方が理にかなっています。 次世代の TCP/IP スタックはデュアル IP レイヤ アーキテクチャをサポートするネットワーク接続フォルダを介しインストールされる単一のプロトコル コンポーネントで、IPv4 と IPv6 の両方が共通のトランスポートおよびフレーミング レイヤを共有します。
Windows 7 Ultimate 販売には、あらかじめ作成された XML マニフェスト ファイル、スクリプト ライブラリ、スタイル シート、HTML および JavaScript のスターター ファイルが含まれています。これらはすべて作業をすぐに開始するために必要なファイルです。HTML スターター ファイルには、Office と同じ外観のページを開発できるスタイル シートへの参照が含まれています。また、このページは、JavaScript コードの追加に使用できる既定の JavaScript ファイルなど、他の重要なファイルも参照します。既定の JavaScript ファイルには、JavaScript API for Office を使用して作業をすぐに開始できるサンプル コードが含まれています。SharePoint 2013 がインストールされたローカル コンピューターで開発をするのか、Office 365 開発者向けサイトを使用するのかを決めます。フル コントロールのアクセス許可を持つ SharePoint 用アプリ (これは、Office 365 サイトに展開することはできません) などの SharePoint 用アプリをアプリ カタログを通じて配布する場合は、ローカル コンピューターに SharePoint 2013 の完全なインストール環境を持つ方が適しています。

Windows 7 Ultimate プロダクトキーを使うと、スペイン語を話せなくても、簡単に英語版の Windows ストア アプリにスペイン語を追加できる

Windows 7 Ultimate プロダクトキーを使うと、スペイン語を話せなくても、簡単に英語版の Windows ストア アプリにスペイン語を追加でき、この市場に参入できます。提供する機能およびワークフロー管理を使えば、多くの市場に眠っている、多言語化がもたらす同様の機会を利用できます。米国内のスペイン語版アプリは、多 言語対応の可能性の大きさを示す一例に過ぎません。現在、グローバル市場を相手にアプリを開発および販売する、空前の機会が存在しています。現在表示されている Outlook アイテム (電子メール メッセージ、会議出席依頼、会議出席依頼の返信、会議の取り消し、または予定) の隣に表示されます。メール アプリは、アイテムのコンテキスト情報にアクセスでき、そのデータを使用してサーバー上や Web サービスの追加情報にアクセスすることで、魅力的なユーザー エクスペリエンスを生み出します。。ほとんどの場合、メール アプリは、Outlook 2013 リッチ クライアントと Exchange 2013用の Outlook Web Appを変更しなくても機能し、デスクトップ、Web、タブレット デバイス、およびモバイル デバイスにシームレスなエクスペリエンスを提供します。

Windows 7 Ultimate 販売を使用して Excel 用コンテンツ アプリを作成します。ワークシートから情報を取得する方法、ワークシートの選択中のセルに情報を格納する方法、およびワークシート内のセルにバインドする方法を習得します。”Napa” Office 365 開発ツールでは、プロジェクトを管理するためのページが提供されます。このページを使用して、メール アプリ、コンテンツ アプリ、作業ウィンドウ アプリ、SharePoint アプリの各プロジェクトを作成すると同時に、プロジェクトの名前の変更や削除も行うことができます。また、高度なデバッグ機能や、Office または SharePoint 用アプリの一部として Web プロジェクトを使用する機能を活用する場合には、Visual Studio でもすべてのプロジェクトを開くことができます。 フィルターを選択すると、最近変更されたプロジェクトや特定の種類のプロジェクトを表示できます。既存のプロジェクトを開くにはプロジェクト タイトルをクリックします。

結局、すべてのアプリで RTM 以降の CDN の場所を指し示す必要があります。これは、アプリを Office ストアに送信するときに必要になります。Word の Office 2013 プレビュー リリースでアクティブ化するときに、getFileAsync メソッドを使用するアプリの動作を操作するには、最新の Office 2013 リリース (RTM 以降) にアップグレードするようにユーザーに促すメッセージを表示する必要があります。以下の例では、Office 2013 プレビュー リリースと Office 2013 RTM リリース以降の両方で実行されるコード (Office.js RTM を使用する) の書き方を示しています。Office 2013 RTM 以降では、このコードは期待どおりにファイルを取得します。Office 2013 プレビューでは、アップグレード メッセージが表示されます。この 2 つの例では、ファイルを base64 形式またはプレーン テキスト形式として取得する方法を示しています。このコードを必要に応じて修正して、実際のアプリの設計に合うようにしてください。

Windows 7 Ultimate 販売を利用すると、運用コンピューターに対するセットアップを行っている間にドメイン参加情報を構成する

Windows 7 Ultimate 販売を利用すると、運用コンピューターに対するセットアップを行っている間にドメイン参加情報を構成し、運用コンピューターとドメイン コントローラー間で生じる可能性のある問題を回避できます。また、オンライン ドメイン参加に必要な再起動の必要性を排除できるため、各サーバーの合計セットアップ時間が短縮されます。 好ましくない表現は、法律専門チームが定義します。法律専門チームは、このような表現が存在していると、法規制に関する問題に、会社を不必要にさらし兼ねないと感じます。Contoso 社では、プロジェクト チームが作成したドキュメントのすべてのレビュー プロセスを自動化することを検討しています。Contoso 社では、自動化により、プロジェクト チームの提案率と作業完了時間が改善することを期待しています。自動化により、ドキュメント レビュー プロセスにおける見落としの発生件数も最小限に抑えられます。アプリを作成したので、共有する準備が整いました。公開では、コーポレート カタログにアプリを展開する方法や、アプリをテストできるユーザーとアプリを共有する方法について説明します。ついにここで、アプリを Office ストアまたは Office ストアにリストする方法を学ぶことができます。この機能はまだ提供されていませんが、間もなく使用可能になる予定です。
また、コードは重要な手がかりとなるので、デベロッパー センターの “サンプル” メニューに目を通してください。これはアプリのコード サンプルへの直接リンクです。開発環境をセットアップしたらすぐに、サンプルをいくつかチェックアウトする必要があります。参照したいコード サンプルがない場合は、コミュニティ機能を利用して要求してください。当社はこのような要求を、他のドキュメント フィードバックとともに受け取り、これらを使用して、コンテンツおよびサンプルを絶えず更新しています。参照したいものがあれば、是非お知らせください。素晴らしいアプリのアイデアがあるとします。このセクションでは、そのアプリを構築するために、必要な設計決定について説明し、ベスト プラクティスを提供します。たとえば、どうすれば良いユーザー インターフェイスになりますか? どのようなアプリの “形” が利用できますか? 2 つの選択肢のうち一方を使用する必要があるのはどんなときですか? データ アクセスには、どのようなオプションがありますか? こうした疑問に対する答えを用意しています。
Windows 7 Ultimate 販売はネットワークの通信を健全であると考えられているノードに制限します。また、これは IPsec を活用するため、IP アドレスごと、または TCP/UDP ポート番号ごとに健全なクライアントとのセキュアな通信についての要件を定義することができます。DHCP 検疫および VPN 検疫とは異なり、IPsec 検疫は、クライアントが有効な IP アドレス構成を接続および取得した後、通信を健全なクライアントに制限します。IPsec 検疫は NAP のアイソレーションの強力な形式です。先頭カウンタ値および 802.11 ペイロードの暗号化された部分を AES カウンタ モードの解読アルゴリズムにデータ暗号化キーで入力し、解読されたデータおよび MIC を作成します。解読について、AES カウンタ モードは暗号化されたカウンタ値を暗号化されたデータ ブロックと XOR を実行し、解読されたデータ ブロックを作成します。読み取り専用ドメイン コントローラー (RODC) に対してドメイン参加操作を実行するメカニズムがあります。ただし、RODC に対してドメイン参加操作を行う場合は、次の複数の手順を行う必要があります。

Windows 7 Ultimate プロダクトキーはプライベート ネットワークに接続しているコンピュータが健全であるようにするという問題を解決する

Windows 7 Ultimate プロダクトキーはプライベート ネットワークに接続しているコンピュータが健全であるようにするという問題を解決します。健全なコンピュータには正しいセキュリティ ソフトウェア (ウイルス対策保護など) がインストールされており、最新のオペレーティング システムの更新プログラムおよび正しい構成 (ホスト ベースのファイウォールが有効となっている) が適用されています。この問題は、様々なインターネットのホットスポットおよびそのほかのプライベート ネットワークに移動できるというラップトップ コンピュータのポータブルな性質やホーム コンピュータから行われるリモート アクセス接続の使用により、困難なものとされています。接続しているコンピュータが健全でない場合、プライベート ネットワークがネットワーク レベルのウイルスおよびワームなどの悪質なソフトウェアによる攻撃にさらされる可能性があります。Microsoft® Windows® の現在のバージョンにはネットワーク管理者が次の操作を行うことができる組み込みの機能はありません。

このコンピュータの受信データ処理能力が転送の受信率についていくことができない場合、データはドロップされ、送信者は速度を落とすように要求されます写真や Web リンクなどのコンテンツを 1 つのアプリから別のアプリへ簡単に共有できる方法をユーザーに提供します。共有ソース アプリがコンテンツを提供し、共有ターゲット アプリがコンテンツを利用します。アプリはどちらになることも (両方になることも) できます。ユーザーは、アプリのどこからでもデバイス チャームを開き、互換性のあるデバイスを確認することができます。写真やビデオを見ているときも、コレクションを参照しているときも、いつでもデバイス チャームを開いてデバイス オプションを表示できます。閲覧中にアルバム全体を別のデバイスに送ることはもちろん、複数のアルバムから選択した一連の写真をまとめて送ることもできま す。

Windows 7 Ultimate 販売のネットワーク アクセス保護 (NAP) のプラットフォーム (コード名 “Longhorn”) は、管理者がネットワーク アクセスについてのポリシーとのコンプライアンスを検証および適用する手助けとなるコンポーネントおよびインフラストラクチャを提供します。管理者はネッ トワークに接続しているコンピュータを検証するためのソリューションを作成し、必要となる更新プログラムまたは必要となるリソースへのアクセスを提供し、 準拠しないコンピュータのネットワーク アクセスを制限することができます。NAP の検証および適用の機能はそのほかのベンダーのソフトウェアまたはカスタム プログラムと統合することができます。Text、JavaScript、XML、および他の多くの一般的なファイルの種類では、デジタル署名がネイティブでサポートされていません。APPX デジタル署名デザインの特徴は、パッケージ化された APPX 署名ファイル (AppxSignature.p7x と AppxBlockmap.xml) を、クライアントにコピーされた他のアプリケーション コンテンツ ファイルとまとめて展開することで、一部またはすべてのアプリケーション ファイルを後で再検証できることにあります。

わかりやすく保全性に優れたコードを作成し、使用可能なWindows 7 Ultimate プロダクトキーを使用する

わかりやすく保全性に優れたコードを作成し、使用可能なWindows 7 Ultimate プロダクトキーを使用することにより、最善の結果を得ることができます。デバッグを成功させるには、忍耐、根気、および細かくテストを行う意欲が必要です。また、使用可能な各種ツールを試すことも重要です。COMAddIn オブジェクトは Microsoft Office 9.0 オブジェクト ライブラリにある Office の共有コンポーネントですが、この章では説明されていません。 アプリケーションで最も頻繁に使用するオブジェクトについて説明します。Office アプリケーションで Microsoft Visual Basic® for Applications (VBA) を使用して作業を実行する場合、またはオートメーション (旧 OLE オートメーション) で別のアプリケーションを操作する場合に、すぐに実際の作業に役立てることができる基本事項を説明します。

各 Office アプリケーションをプログラミング可能にし、Office ソリューションとしての統合を可能にする主要なテクノロジは、”オートメーション″ (旧 OLE オートメーション) として知られるコンポーネント オブジェクト モデル (COM) です。オートメーションでは、開発者は、Microsoft Visual Basic® for Applications (VBA) コードを使用して、アプリケーション、DLL (ダイナミック リンク ライブラリ)、またはプログラミング可能なインターフェイスをサポートする ActiveX® コントロールにより公開されるソフトウェア オブジェクトを作成および制御することができます。VBA とオートメーションを併用することにより、各 Office アプリケーションがプログラミング可能になります。たとえば、Word で自動的に文書を作成して書式を設定するプロシージャを作成したり、ホスト アプリケーションからほかのアプリケーションを起動することができます。また、Excel の隠しインスタンスを Access から実行し、Access データに対して計算処理および分析を行うことも可能です。オートメーションを理解するためには、オブジェクトおよびオブジェクト モデルが何であるか、それぞれがどのように動作するか、併用時にどのように動作するかを理解することが大切です。

Windows 7 Ultimate 販売を使用して新しい既定のデータベース フォルダを指定する方法を示しています。このドキュメントのほかの章では、開発者の意図どおりに機能するソリューションを開発する方法に焦点が当てられています。この章では、Microsoft Office ソリューションの開発に必要な基本的なコーディングのガイドラインおよび方法を説明します。これらの基礎を十分に習得すれば、デバッグ、変更、およびほか のコードとの共有が簡単な、わかりやすいコードを記述することができます。この章で説明されている方法は、HTML ページまたは Active Server Pages (ASP) に組み込まれる VBA コードまたはスクリプトを記述する場合に使用できます。実行時エラーは、アプリケーションの実行時に発生するエラーです。通常は問題のないコードが、無効なデータまたはシステム条件によって実行を妨げられるこ とにより発生するエラーを指します。たとえば、メモリまたは空き容量の不足などにより発生します。この実行時エラーを処理するには、エラー処理ルーチンを 作成し、プログラムの条件または環境条件が適切な状態であるかどうかを検証するプロシージャを作成します。

DHCP クライアント コンピュータの既定のルートについて自動的に計算されたメトリックを上書きするためには、Windows 7 Ultimate 販売を使用する

DHCP クライアント コンピュータの既定のルートについて自動的に計算されたメトリックを上書きするためには、Windows 7 Ultimate 販売を使用することができます。NameSpace オブジェクトには、すべてのパブリック フォルダおよびユーザーのメールボックスを表す 2 つ以上の最上位フォルダがあります。前のプロシージャでは、GetMailboxName プロシージャを使用してメールボックス フォルダ名を取得します。GetMailboxName および GetFolderByName プロシージャは、Office 2000 Developer CD-ROM の ODETools\V9\Samples\OPG\Samples\CH05 サブフォルダにある OutlookSamples.mdb の modOutlookCode モジュールに含まれます。Application オブジェクトの CreateItem メソッドを使用して、新しい Outlook アイテムを作成します。既存の Outlook アイテムにアクセスするには、NameSpace オブジェクトを使用します。すべての Outlook オブジェクト モデルは、『』で参照できます。Microsoft Outlook Visual Basic リファレンス ヘルプを使用して、オブジェクト、プロパティ、メソッド、およびイベントに関する知識をより深めることもできます。指定されたオブジェクトの親オブジェクトを返します。たとえば、AllForms コレクション内の項目の親は AllForms コレクション オブジェクトです。CurrentProject オブジェクトの親は Application オブジェクトです。

現在オブジェクトがロードされているかどうかを示すブール型 (Boolean) の値。オブジェクトがビューで開かれている場合、このプロパティは True になります。レンタカー アプリはどのようになったでしょうか。適切にビルドできていれば、テキスト文字列と画像はすべてリソースにまとめられています。日付、時刻、数値、通貨 は、ユーザーの優先する言語に応じた適切な形式で表示されます。そして、このアプリを別の市場向けにローカライズする場合、コードは変更しません。新しい リソース ファイル (社内で翻訳または社外の翻訳者に委託) を追加し、新しい画像ファイルを作成して (必要な場合)、アプリをビルドし直します。特定の DHCP クライアントが存在しているサブネットに対応するスコープのスコープ オプションとして Microsoft 既定ルータ メトリック ベース オプションを追加します。このオプションを追加または構成する場合、Microsoft Windows 2000 オプション をベンダー クラスとしてWindows 7 Ultimate プロダクトキーとして新しいユーザー クラスを指定します。

ユーザーのメールボックスにあるフォルダへの参照を取得すると、そのフォルダには、追加のフォルダ、個別の Outlook アイテム、またはその両方が含まれる場合があります。Office 2000 Developer CD-ROM の ODETools\V9\Samples\OPG\Samples\CH05 サブフォルダに含まれる OutlookSamples.mdb の modOutlookCode モジュールにある GetFolderInfo プロシージャは、フォルダ内のすべてのサブフォルダおよびアイテムを検証し、フォルダまたはサブフォルダに含まれるアイテムに関する情報を取得する方法を 示しています。ここで説明されているすべてのサンプル プロシージャでは、グローバル オブジェクト変数を使用して Application オブジェクトおよび NameSpace オブジェクトを表しています。各プロシージャは、まず Application オブジェクト変数が作成されているかどうかを確認し、作成されていない場合は、InitializeOutlook プロシージャを呼び出して、グローバルな Application および NameSpace オブジェクト変数のインスタンスを作成します。